前へ
次へ

玄米は工夫すればより美味しく食べられます

健康のことを考えて、家族の主食を白米から玄米に切り替えて一年が経ちました。当初は味に不安があったのですが、実際に取り入れてみると想像していたよりも美味しくて、いろいろな食べ方ができることがわかりました。たとえば、チャーハンにしても美味しく味わうことができます。じゃこと白ごまをカリカリになるまでフライパンで炒めて、一口大に切った小松菜とみじん切りにしたネギを加えて炒め合わせます。そこに玄米を加えて炒めたら、しょうゆで味付けすれば出来上がりです。白米で作るよりも玄米で作るチャーハンの方が食べやすく感じますし、味わい深さを実感できます。しかも、玄米が苦手な家族も美味しいと言ってくれるので、定期的に作るようになりました。ちなみに、しょうゆではなく、カレー粉と塩、こしょうで味付けすれば、美味しいカレーチャーハンが出来上がります。サラダ菜で包んで食べれば、野菜もたっぷり摂ることができるので、最近では我が家の定番メニューになりました。

Page Top